アパレルショップ アパレル大手会社|サービス活用方法|顧客管理/会員管理システム|ロイヤルカスタマーづくりをフルサポートする株式会社グローバルライト

サービス活用方法

アパレルショップ(アパレル大手会社)活用方法

  1. 1) 利便性の追求⇒通信機能をもつため、どこでも使える、細かい設定が不要これにより、ペーパレス化に繋がりコスト削減が可能。
  2. 2) 双方向性⇒出退勤・売上照会、在庫照会なども可能。これによりリアルタイムの管理が行える。
  3. 3) 通信機能⇒通常の携帯電話機能がありつつ、1台で店舗のトータル情報端末にもなる。

ケーススタディー4 アパレル大手会社(auビジネス携帯導入)

課題・問題点過し、保守が停止
Loyal Customer Vision

現行OCR機の製造停止後5年が経された。また、データ入力に伴う手間を削減したい。

CV.net(SOA基準)によりデータの一元化管理に加え、小売販売管理を全て網羅でき、データ入力も手動・レイアウトで行えリアルタイムに確認が可能。

ハンディターミナル初期導入より5年経過し、老朽化が進み、修理費が増大した。

現行ハンディターミナルをauビジネス携帯にリプレイスし、直接データを本社に送ることで、VAN利用費を削減し、さらにPHS・固定電話を廃止すれば通信費の削減出来る。

給与明細を印刷・送付していることで、経費・時間的無駄が多い。

給与明細を電子化することで用紙代・郵送費・人件費を削減できる。

ページトップへ