レストラン/飲食 飲食店会社|サービス活用方法|顧客管理/会員管理システム|ロイヤルカスタマーづくりをフルサポートする株式会社グローバルライト

サービス活用方法

レストラン/飲食(ドラッグストア会社・飲食店会社)活用方法

  1. 1) お客様の注文メニュー・商品の把握→ セルフオーダーリングシステムと顧客管理およびプロモーションの連携Total Promotion Visionでは、顧客管理はもちろん、「セット割引き」などのクーポン発行や携帯電話へのデジタルDM配信でお客様に「入ってもらう」待ち状態のお店から「食べに来てもらう」リピーターの多いお店に!
  2. 2) 空席状況に応じたリアルタイムプロモーションの実現 → アイドルタイムおよび雨の日など、お店の稼働率を上げ、売上向上
  3. 3) メニュー・商品の嗜好性(例:和食・洋食・中華、お酒の種類など)の把握→特定顧客へのお勧めメニュー (例:新メニューやワインなど)情報配信やサービス (例:試飲食会の開催など)の展開
  4. 4) どんな時、利用する顧客か → 利用シーン(時期:平日・土日祝日や人数:1 人・家族・友人・グループなど)の特定
  5. 5) 累計購入金額の把握 → ロイヤルカスタマーランク付け家族・友人・仲間と一緒に来たくなるお店 → 顧客の累計購入金額を上げる → ロイヤルカスタマーと新規顧客の獲得

ケーススタディー3 飲食店会社

1.店舗管理と情報分析

・今後の店舗拡大に伴い、システム構築が大きな課題となり、収集したデータを解析できるツールも必須となります。また、店舗機器としてはハンディを想定し、将来的にはPCやPOSのアライアンスも必要になる可能性があります。

店舗システム ハンディシステム
店舗システムで売上実績管理及び在庫管理がリアルタイムに行えます。また、ハンディを利用することで、誰でも簡単にデータ処理が出来ます。更にCAPツールの活用により、多次元的に集計・解析が行え、ネクストアクションに繋がります。
2.既存基幹システム連携・その他拡張

基幹システムを変更せずに店舗システムを構築することが課題となります。また、物流機能やEDI連携の拡張、更に今後の販促ツールとの融合も重要な課題となります。

基幹システム連携 Reetail Vision
基幹システム連携により、現行のシステムを変更せずに店舗システムの構築が出来ます。また、将来的にその他モジュールの拡張も行え、販促支援ツールRetail Visionをご利用頂くことで、消費者のイメージアップに繋がります。
3.導入コスト・管理工数削減

システム導入の場合は、パッケージ費用及びサーバー費用が発生する為、初期コストが大幅に掛かってしまいます。また、サーバー管理も必要となるので、導入後の工数も発生します。

Saasサービス利用 データセンター利用
SaaSサービス利用により、初期コストを大幅に削減出来ます。また、データセンターでの管理となる為、サーバー費用及び管理工数は一切必要ありません。

ページトップへ