ドラッグストア/サービス活用方法|顧客管理/会員管理システム|ロイヤルカスタマーづくりをフルサポートする株式会社グローバルライト

サービス活用方法

スーパーマーケット/ドラッグストア(ドラッグストア会社・化粧品会社)活用方法

  1. 1) 何処から来店しているのか?→エリアマーケティングの実施

    Total Promotion Visionでは、地域マッピング機能に基づくエリアマーケティングが実施できるため地域戦略に効果を発揮します。

  2. 2) どんな時、利用する顧客か → プロモーションの時期の特定
  3. 3) 累計購入金額の把握 → ロイヤルカスタマーランク付け
  4. 4) Health & Beauty → 薬・化粧品の定期購入者の特定
  5. 5) 商品の嗜好性(例:高級食材、アレルギー食材、酒など)の把握 → 特定顧客へのサービス展開
  6. 6) 特定保健用商品などの購入 → 健康志向顧客への効果的なアプローチ

ケーススタディー1 化粧品会社

1.手軽なモバイルHP作成ツールとメール機能

・今後のモバイルシステムは技術者を必要とせず、より簡単に作成・編集を行う必要があります。

また、モバイル・カード・POS等の複数のシステムが混在する場合、一元管理を行うことは、非常に困難です。

Retail VisionモバイルHP、メール配信
モバイルHPを簡単に作成し、会員へのメール配信を行うことにより、来店率向上を促します。また、カード会員とモバイル会員の一元管理により、管理体制の統一化がはかれます。
2.POS連携によるリアルタイムポイント管理

ポイントの発生箇所はPOSシステムとなる為、POS連携は必須です。また、リアルタイムでないと意味がありません。

さらに、ポイントを通販システムでも利用出来る仕組みがあれば、消費者のイメージアップに繋がります。

Loyal Visionポイント管理、POS連動
POS連動型ポイント管理により、会員ポイントの一元管理が実現します。また、将来的に通販システムGRとの連携を行うことで、消費者のポイント使用率向上を促します。があれば、消費者のイメージアップに繋がります。
3.消費者へのアプローチ

好立地に店舗をオープンしても、お客様に適切なアプローチを行わなければ売上には結び付きません。また、DM発送は膨大なコストが掛かる為、より低価格での消費者へのアプローチが必須となります。

Retail Vision 顧客管理
RFM分析により、顧客の購買分析を行います。また、購買分析による分類毎のメールDMにより、適切なアプローチとDMコストの大幅な削減が実現します。

ケーススタディー2 ドラックストア会社

課題・問題点
Loyal Customer Vision

本社基幹システムや店舗POSシステム、顧客販促システムなど、各社ベンダーが異なり、情報分析から販売戦略まで一元化されていない。

本社基幹システム・店舗POSシステム・顧客管理・情報分析・マーケティングなど、トータルで管理出来ます。

マスタ管理や発注処理など、本社での作業が大幅に掛かる為、店舗拡大時に本社で対応が出来ない。

各種マスタ管理や売価設定、発注から仕入までのEOS連携・買掛管理などの本社機能を全てサポートしている為、本社作業を大幅に軽減出来ます。

各種割引処理、バンドル・セット商品、特売設定などを考慮したオペレーションを簡単に行いたい。

バンドル設定・各種割引設定など、本社・店舗での施策に合わせて価格設定が行える為、POSオペレーションの簡素化と最適な価格での販売が行えます。

カード会員・モバイル会員は、別々での管理の為、ポイントサービス・クーポンサービスなど、顧客サービス向上に繋がっていない。

購買ポイント・モバイルポイントなどのポイントは、全て一元管理で行えます。また、リアルタイム処理により、買い回り時の対応も万全です。

一般的な広告・チラシ販促しか行ってなく、携帯メール配信も毎週送っているが退会率が多い為、効果が出ていない。また、販促活動による効果測定も把握出来ていない。

購買分析・商品分析・会員分析からのダイレクトアプローチにより、他店とは差別化された販売促進が行える為、One to One マーケティングを実現します。

ページトップへ